gu-gu-life-ehon-log

子供と読んだ絵本の記録

スポンサーリンク

自宅に戻って4歳の娘が最初に手にした絵本

こんにちは。

がっちゃんです。

 

娘は絵本が好きというよりも、絵本を通じてコミュニケーションをとっている時間が好きなようです。

 

1月末から療養のため実家へ里帰りしており、2カ月弱ぶりに自宅に戻ってきました。

 

その晩。

はじめて娘が読んでほしいと手にした絵本がこちらでした。

f:id:gu-gu-life:20180331090351j:plain

画像参照:まどから おくりもの|絵本ナビ : 五味 太郎 みんなの声・通販

 

 

4歳娘の様子

五味さんのクリスマスの絵本と言えば、こちらの「まどからのおくりもの」はとっても人気の絵本です。

 

なぜか?というのは開いてみて納得です。

 

ちょっとした仕掛け絵本になっているからです。

 

この仕掛けに4歳の娘もメロメロ♡

母ちゃんもメロメロ♡

 

期待を裏切ってくれるサンタクロースに「いやいやいや~」と突っ込みながらも、ほっこりしてしまうお話です。

娘もサンタクロースの判断に「違うよね~」なんて茶々を入れながら見ています。

 

 

娘にとっては去年のサンタクロースはきっと嬉しいクリスマスだったんでしょう。

最初に季節違いなクリスマスの絵本を選んでくるというところが、年中パリピな子供の脳内が垣間見えてなんだかほっとしました。

 

 

母としての感想

実は五味さん。

クリスマスの絵本はもう1つあって、お話としてはこちらの方が私は好きなんです。

 

それが「クリスマスにはおくりもの」です。

f:id:gu-gu-life:20180331085749j:plain

 

こちらの絵本は仕掛け絵本ではなく、至ってシンプルな絵本。

 

しかし、ストーリーがとってもいい。

 

寒い寒いクリスマスの夜に、子供たちにプレゼントを配るサンタクロース。

そんなサンタクロースに、そっとプレゼントをあげる女の子と、それを喜ぶサンタクロースの話。

 

もらうばかりじゃなくて、配ってくれる人の気持ちに寄り添った女の子のプレゼントがまた愛らしいなと思いました。

 

絵本に成果を求めてはいけないのだけど、娘にもそんな優しさを持ってほしいなと思って、この絵本を少し紹介させていただきました。

 

www.ehonnavi.net

 

 

絵本の紹介

「きょうは どうやら クリスマス。」

サンタクロースが空からやってきましたよ。これから、みんなの家をまわって、窓から贈り物を配るみたい。部屋をのぞいてみると、みんなぐっすり眠っています。目が覚めたら喜ぶよね、きっと!

……ところが。
このサンタさん、なんだかちょっと慌てもので大ざっぱ!?
窓からのぞくと見える姿はねこさんの顔。じゃあ、贈りものは可愛いリボンね!
サンタクロースは投げ込みましたが、ページをめくると、なんとそこに寝ていたのは「ねこさん」の絵柄のパジャマを着たブタさんだったのです。

次にやってきた家の窓。今度はしましまの模様が見えます。
サンタクロースは、思います。

「ここは どうやら しましまさんのおうち。」

ページをめくってみると、やっぱり違う。
その部屋で寝ていたのは、なんと…!?

五味太郎 しかけ絵本」シリーズ3作目のこの絵本。みんなの家の「窓」の部分が穴あきのしかけになっていて、ページをめくると、その部屋の中の意外な様子が見られるのです。慌てもののサンタクロースは間違ってばかり。だけど、この絵本を読んでいる子どもたちは、その間違え方に夢中!笑ったり、正しい答えを叫んだり。ページをめくるたびに楽しい事件が巻き起こります。

さて、どうやら全て配り終わったサンタクロース。間違った贈り物をもらったみんなは、ちゃんと喜んだのかな? 安心してくださいね、ちゃんと最後には上手いことおさまったようです。しかけが楽しい小さな子どもから、勘違いを楽しめる子どもたちまで。幅広い年齢層に毎年大人気のクリスマス絵本です。 

 引用:まどから おくりもの|絵本ナビ : 五味 太郎 みんなの声・通販

スポンサーリンク