gu-gu-life-ehon-log

子供と読んだ絵本の記録

スポンサーリンク

「3びきのくま」はちょっと怖いお話・・・!?

実家にある絵本棚の中で、私の母が選んで当時3歳の娘に読み聞かせた絵本が「3びきのくま」でした。

 

 

「いやいやいや。ビビりな娘がこんな無骨なイラストでちょっと怖いお話を好むのか・・・!?」と思いきや、それ以来毎晩リクエストされる絵本になっていました。

 

 

 

3歳の娘の様子

最初は話の内容にちょっと怖がっていました。

でも「くま」という表紙に興味をそそられたのか、怖いもの見たさで「もう1回」が続くようになり、どんどん怖さもなくなってきて、じっくり話を聞くようになりました。

 

「小さなクマの器がかわいい」とか、「女の子はつかまらなくてよかった」とか色々茶々を入れながらお話を聞いています。

 

4歳になった今ではあまり読まなくなりましたが、今でもしっかりお話は覚えているようです。

 

 

 

母としての私の感想

私がいざ娘に買う時に選ぶ絵本かと言えば・・・。

 

ごめんなさい、ちょっと・・・選ばないです。

イラストもちょっと趣味じゃないし・・・

お話もいい話なのか、悪い話なのか分かりにくいし・・・

お店でも目のつくところに置いてあるわけじゃない・・・

 

 

でも、母が「昔から読まれている絵本には理由があるんだよ」と言って、これを選んでくれました。

 

 

でも、絵本を何度も読むうちにどんどん前のめりになっていく娘を見て、母の言っていた事が分かるようになりました。

 

 

例えば。

似たようなフレーズを3回繰り返すと、子供は次の展開を予想して話を聞くそうで、それが「たのしい」につながるそうです。

 

この絵本にはその要素がたっぷりあります。

さんまさんもお笑い向上委員会で受けたフレーズを3回ほど繰り返しては大爆笑を巻き起こしてますもんね…

 

 

それからかな~。

「今売れている絵本」だけでなく「昔から人気の絵本」にも興味が出て、絵本を選ぶときの選択肢に入るようになりました。

 

ロングセラーにはわけがある。

この絵本はそんな事を教えてくれた1冊でした。

 

 

絵本の紹介

 森小屋に3匹のくまが暮らしていました。1匹は小さなこぐま、1匹は中くらいのくま、1匹は大きいくま。
 ある朝、朝食のおかゆがとても熱いので、3匹のくまはおかゆがさめるまで森の中を散歩することにしました。3匹がでかけている間、金髪の女の子がくまたちの家にやってきます。女の子はおなかがすいていたので、テーブルの上に置いてあったおわんのおかゆをそれぞれ一口ずつぺロッ。最後に口にした小さなおわんのおかゆが一番口に合ったので、女の子はこぐまのおかゆを全部食べてしまいました。次に女の子はとなりの部屋にあった大きい椅子、中ぐらいの椅子、小さな椅子に座ってみて、こまったことにちょうど座り心地がぴったりだったこぐまの椅子を壊してしまいます。そうこうするうちに眠くなり、寝室にあった大きなベッド、中くらいのベッド、小さなベッドに横になり、一番寝心地のよかったこぐまのベッドでスースー寝息をたてはじめるのでした。そこに3匹が戻ってきて…。

引用:(数ページ読める)3びきのくま|絵本ナビ : L・N・トルストイ,バスネツォフ,小笠原 豊樹 みんなの声・通販

 

もちろん、イラストを変えた形でいくつか出版されているので、お子さんに合わせたイラストで絵本を選べるのも、人気の絵本ならではのポイントですね~。

 

スポンサーリンク