gu-gu-life-ehon-log

子供と読んだ絵本の記録

スポンサーリンク

「だるまさんが」は息子が0歳の時にドはまりした初めての絵本

お子さんが初めてはまった絵本は覚えていますか?

 

我が家の息子は間違いなく「だるまさんが」でした。

 

3冊セット、けっこうお高いですね。

王道の「だるまさんが」でも十分楽しめますよ。

 

 

0歳息子の様子

上の娘が0歳の時に、私の母からもらいました。

娘ももちろんはまりましたが、2人目の息子のハマり方は、それをはるかに超えるものでした。

 

1ページごとの文字数が少なく、1冊のページ数も少ない。

さらには同じパターンを5回繰り返す、という0歳の子にとっても何度か読むうちに覚えてしまうほどの内容。

 

なので

「だ・る・ま・さ・ん・が…」

と声を掛けると、息子はニタァ~~~~としていました。

 

・・・か・・・かわいい。

 

 

母としての私の感想

実はこの絵本。

両親にもらってすぐは、何だか小ざっぱりした絵本だと思って、しまったままにしていたんです。

 

しかし当時通っていた保育所で娘(当時0~1歳)が読んでもらっていたらしく、「だるまさんが」に娘がとっても反応するんですね。

 

0~1歳のころは、なかなか娘とやり取りが上手にできず、絵本を通じて娘とやり取りができた事に、すごく喜びを感じたのを、今でも覚えています。

 

 

時が流れて、息子が1歳の近づくころ。

息子は保育所には通っていなかったものの、2~3度読んであげると、つぼにはまったようで、何度も「読んで」と持ってくるようになりました。

 

 

簡単な絵本なので、4歳の娘も文章を覚えていて、娘が息子に読んでやる姿も何度も目にしました。

そして変わらずニタァ~と喜ぶ息子。

 

何度見ても嬉しい姿でした。

 

こんなに思い出が詰まった絵本なので、多分この先、私は手放せない絵本だな~と感じています。

 

 

絵本の紹介

目のつけどころが、人とちょっと違う気がするかがくいひろしさん。
今度の主役は「だるまさん」。何だかめでたい感じもしますが、どんな内容なのでしょう?
まず、表紙から何か違和感が…。
そう、だるまさんに手足がある!立っていますよ。
「だるまさんが」とくれば、次に期待されるあの言葉は…
あれ?そう簡単には続きませんよ。

ぷくーっと膨らんだだるまさん、おかしな動きと表情が、とっても可愛らしいのです。
見ているだけで笑ったり、びっくりしたり。あかちゃんや小さな子にぴったりの絵本です。
声に出して楽しんで読んでみてくださいね。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

引用:だるまさんが|絵本ナビ : かがくい ひろし みんなの声・通販

 

 

絵本を調べる時はこちらを使っています。

いくつか試し読みも出来る絵本も掲載されているので、良かったらご覧ください。

 

スポンサーリンク